妊娠したら葉酸サプリを摂ろう

葉酸サプリ

妊娠すると、葉酸を積極的に摂取するよう雑誌などでも紹介されていますよね。

葉酸とは、葉物野菜や豆類、鶏のレバーなどに多く含まれるビタミンの一つのことです。

妊婦にとって非常に大切な栄養素とされており、赤ちゃんの発育を正常に行うことに欠かすことができないと言われています。

もしこの葉酸が不足してしまうと、赤ちゃんの先天異常や障害、貧血の原因となります。

そのため世界中で積極的な摂取が勧められており、1日400μgを摂ることが理想とされています。

 

女性の身体は、妊娠すると急激な変化が現れます。

 

細胞分裂が非常に盛んになり、この分裂に葉酸が消費されます。

この時には普段の2倍近い量が消費され、胎盤の形成や正常な遺伝子の形成に役立っています。

この時期に必要量に足りていないと、これらが正常に形成されず、様々な異常が生じてしまいやすくなるのです。

このため、妊娠した女性には積極的に葉酸を摂る必要があるのですが、残念ながら熱や水に弱く、食べ物から摂取しようとしても料理する途中で損なわれてしまいます。

このため、食事で口から食べたもののうち、効果的に吸収されるのは約半分程度しかありません。

さらに、葉酸が比較的豊富に含まれているほうれん草で摂ろうとした場合、約4束も食べなければなりません。

 

こういったことから、葉酸を効率よく摂るには、食べ物ではなくサプリメントなどを利用するほうが良いでしょう。

サプリメントを利用する場合、その商品の安全性や成分の含有量などをよくチェックしてから購入するようにしましょう。

添加物を使っていない物や、他の栄養素もあわせて摂れる物などを選ぶと安心です。

また、商品によっては放射能検査を行っているものもあるのでおすすめです。

【引用】葉酸サプリおすすめ特集.com

厚労省もおすすめする葉酸サプリメントについて詳しく書かれています。

 

葉酸の効果と不足することでおきる弊害

お花の画像

葉酸はビタミンBを構成する要素のひとつでホウレン草などの緑黄色野菜に多く含まれています。

赤血球の合成に補酵素として欠かせない役割を果たす葉酸は、不足すると健康な血液を十分に作る事ができず貧血になったり、めまいの原因になります。

また葉酸はDNA情報を多く含む核酸の生成にも関与しています。

遺伝子情報に大きな影響を与えるDNA細胞の分裂や増殖の際に欠かすことができず、妊婦には特に大切で妊娠初期に十分に補給しておくことで胎児の発育不全や神経管障害のリスクを下げる効果があります。

 

また体内では粘膜に多く核酸が含まれており新陳代謝が活発なため、口内などの炎症を防いだりするのも葉酸の効果のひとつです。

20世紀半ばには葉酸が健康を保つのに必要であることが既に解明されており、その後人為的に合成することが可能になったため、現在では葉物以外にもサプリで補う事もできます。

熱に弱く劣化しやすい性質があるため、有効成分を確実に取れるうえに携帯しやすいサプリは利便性が高いのが利点です。

妊娠3か月目までは多めにとるのが母体にも胎児にも望ましい葉酸は、それ以外にも血中ホモシステイン濃度を下げる作用もあります。

そのため、一定量を継続してとることで動脈硬化や血栓など生活習慣病のリスクを減少させ、また正常なDNAの合成に欠かせないことから間接的にがんを防ぐ効果もあります。

 

天然原料であればサプリであっても安全です。

水溶性のため現在取り過ぎによる副作用は報告されていません。

また数時間ほどしか血液中に留まらないため、時間をおいて少量ずつ摂取するのが理想的であり、その点でもサプリは便利で、吸収率が良ければより一層高い効果を期待できます。

 

 

妊婦さんが葉酸サプリを服用する重要性

赤ちゃんと妊婦

葉酸はたんぱく質や核酸(DNA、RNA)の合成するために必要なビタミンです。

受精卵が子宮に着床して胎児が活発に細胞分裂する妊娠初期(妊娠0週~11週)に葉酸が不足していると、細胞分裂がうまくいかずに無脳症や二分脊椎症といった先天性の異常が生じるリスクが高まります。

そのことから、厚生労働省も妊娠初期の妊婦さんが葉酸サプリによって1日400μgの葉酸を摂取することを推奨しています。

 

また、葉酸はお腹の赤ちゃんが健全に成長するためにも必須のビタミンで、妊婦さんの体内で不足すると胎児の成長が遅れたりします。

もしくは胎児の成長が止まって流産したりする可能性も高くなるので、妊娠初期以降も油断せずに葉酸サプリを飲み続ける必要があります。

このように、妊婦さんが健全な赤ちゃんを無事に出産するためには、出産まで体内で葉酸不足が生じないようにすることが重要といえるわけです。

現在では葉酸サプリの種類が豊富なので、お腹の赤ちゃんのことを考えて選びたいものです。

妊婦さんが推奨されている1日の葉酸摂取量の目安は1日400μgなので、ほとんどの製品では1日400μgの葉酸が摂取できるように配合量が調節されています。

 

ここで注意すべきは配合されている葉酸の種類です。

健康食品に使用される葉酸は、野菜や果物を原料に合成した天然由来の葉酸と石油系の原料を使って化学的に合成した葉酸の2種類に分けられます。

石油系の原料を使用した葉酸は生まれてくる赤ちゃんのアレルギーのリスクを高める可能性が指摘されているので、できれば天然由来の安全な葉酸を配合した製品を利用するのがお勧めです。

葉酸サプリの中には、保存料や香料、着色料などの添加物が配合されている製品も少なくありません。

こうした添加物は食品としての安全性が保証されているものの、お腹の赤ちゃんにとっては必ずしも安全な成分とは言い切れないのです。

妊婦さんが葉酸サプリを飲むときにはできるだけ添加物が配合されてない製品を選びましょう。

dhaは妊娠中いつから摂取すると効果的か

dhaは脳の働きを助ける働きがあり、赤ちゃんの成長にもかかせない栄養素です。

体の中で作られない栄養素なのでお母さん摂取したdhaが胎盤から赤ちゃんに吸収され赤ちゃんの成長を助けます。

妊娠中いつから摂取すると効果的かというと、妊娠初期から影響を与え特に20週を過ぎるころから脳に含まれるdhaの量は増えていきます。

 

できれば妊娠前から積極的に摂取しておいたほうが効果的です。

 

dhaは鰯やサンマなどの青魚やマグロなどに多く含まれており、昔からそういった魚類を多く食べていた日本人の子供の知能は他の国よりも高いと言われています。

厚生労働省が勧めている妊娠中に必要な摂取量1日は1.9gです。

鰯なら2匹程度、サンマは含有量が多いため半分で摂れる量ですが毎日摂取するのが難しいようならサプリメントを利用するのも良いでしょう。

出産後お母さんが摂取した栄養が母乳を通じて赤ちゃんに伝わるので、妊娠中や出産後も積極的に摂っておきたい栄養素です。

脳を発達させるだけではなくアレルギーを予防したり気持ちを安定させる効果もある他、血液をサラサラにしてコレステロールを低下させる働きもあり、お母さんの健康にも欠かせません。

 

dhaの他にも妊娠中に積極的に摂取したいのが葉酸です。

葉酸は胎児の成長には欠かせない栄養素で、特に妊娠初期に不足すると障害をもって生まれる確率が増加したり、流産しやすくなることがわかっています。

葉酸はほうれん草などに多く含まれている栄養素ですが、調理すると失われてしまいやすく必要量が摂りにくい栄養素でもあります。

また体内に蓄積しにくいため、毎日必要量を摂取しなくてはいけません。

そのため厚生労働省では健康な赤ちゃんを産むためにサプリメントで補うことを勧めています。